2014年度 運転安全マネジメント

輸送の安全に関する基本的な方針

1.社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。また、日常における安全に関する声に真摯に耳を傾け、全社員に対し、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
2.輸送の安全に関する計画の、「策定」「実行」「チェック」「改善」(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直します。全社員が一丸となり業務を遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
3.輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

輸送の安全に関する重点施策

1.輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全を管理する規定に定められた事項を遵守します。
2.輸送の安全に関する費用の支出・投資を積極的かつ効率的に行います。
3.輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じます。
4.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有します。
5.輸送の安全に関する教育及び研修に関する計画を作成し、これらを的確に実施します。
6.当社が運行を委託手配したバス会社と密接に協力し、輸送の安全性の向上に努めます。

1.事故削減目標と実績

 ※安全目標 無事故5年目を目指す

 重大事故その他の事故内 訳
目 標実 績目 標実 績
平成25年度 0件 0件 0件 0件 人身0件/物損0件
平成26年度 0件 0件 0件 0件 人身0件/物損0件
平成27年度 0件 0件 0件 0件 人身0件/物損0件
平成28年度 0件 0件 0件 0件 人身0件/物損0件
平成29年度 0件  件 0件  件  人身 件/物損 件

 

※ 重大事故は、自動車事故報告規則第2条に規定する事故をいう

※ その他の事故は、軽微な事故を含む有責、無責のすべての事故をいう

2.輸送の安全に関する投資額(予算額)
項  目予算額
飲酒運転防止対策費(アルコール検知器の購入及び保守等) 30万円
安全教育・研修費(適正診断受講費含む) 30万円
健康対策費(健康診断、SAS検査等) 30万円
車両整備・器具類費 1,000万円
予算総額 1,090万円
3.内部監査

安全を管理する規定の遵守状況は、内部監査を年1回以上実施し、必要に応じて是正措置又は予防措置を講じます。

4.情報の連絡体制の確立

管理者と社員(運転士)で安全会議を毎月1回開催し情報を共有します。

管理体制組織図(PDF)

緊急連絡体制図(PDF)

5.輸送の安全に関する安全教育の実施計画

安全教育実施計画(PDF)

6.安全管理規程

株式会社東和町総合サービス公社 安全管理規程(PDF)

7.安全統括管理者

氏    名   高 橋 信 夫
社内での役職   常務取締役

環境への取り組み

環境理念

東和町総合サービス公社、及び東和交通観光は、深刻化する大気汚染・地域温暖化を防ぐ為、旅客・貨物自動車運送事業を通して環境保全活動に取り組むと共に高品質なサービス提供と安全な運行により地域に貢献し、企業活動と自然環境保全を目指して社会的責任を果たします。

環境活動方針

目的達成の為、行動方針を策定し下記事項を重点に継続的な環境保全の運営、向上を目指します。

1. 環境保全の為の仕組み、体制の整備
2. エコドライブの実施
3. 低公害車の導入
4. 自動車の点検、整備
5. 廃棄物の適正処理及びリサイクルの推進
6. 管理部門(事務所)における環境保全の推進

上に戻る